私専用線路はどこまでも

こんにちは~須賀川より貨物列車を中心に情報発信する「たいまつトレイン」と言います。拙い写真や文章ですが、よろしくお願いいたします。 私のストライクゾーンは専用鉄道、臨海鉄道、引き込み線、駅設備とそれらの廃線跡です。専用貨物や車扱い貨物、タキ、シキ、タンクコンテナなどマイナーで特殊なものほど写欲が湧きます。ブログの更新はのんびりやっていきます。一気に更新したりも。 2019年3月 引越により須賀川市を離れる

カテゴリ: 貨物列車

2017年6月10日 晴れのち雨

もう1年になるのか~。3回目の訪問となる昨年6月の撮影です。すっかりアップロード忘れていました。
20170610-51レ (14)のコピー
20170610-51レ (18)のコピー
20170610-51レ (24)のコピー
20170610-51レ (27)のコピー
20170610東邦亜鉛 (37)のコピー
20170610-52レ出発 (122)のコピー
20170610-52レ出発 (127)のコピー
20170610-52レ出発 (134)のコピー
20170610-52レ (161)のコピー
20170610-52レ (164)のコピー
20170610-52レ (167)のコピー
20170610-52レ (171)のコピー
20170610-52レ (175)のコピー
20170610-55レ (291)のコピー
20170610-54レ (275)のコピー

2016年8月15日 快晴 常磐線 泉駅
駅の外から撮影します。
3番線で5094レの出発準備が整って、出発までは約45分もあるので西側から編成を眺めます。
20160815 (247)のコピー
20160815 (250)のコピー
20160815 (254)のコピー
20160815 (260)のコピー
定刻発車しました。
南の跨線橋からです。架線柱が多いので良い場所とは言えません。
20160815 (265)のコピー
グッバイ!安中貨物5094レ
これにて撮影は終了となります。

次に来た時からは、泉~植田で撮影出来そうな場所をクルマで探しました。

2016年8月15日 快晴 常磐線 泉駅
20160815 (161)のコピー
10:30過ぎに、左から福島臨海鉄道52レ、右からいわき駅に停泊していた金太郞が同時に現れました。常に同時に現れるかどうかは何とも言えませんが(^_^;)。
20160815 (163)のコピー
52レのご到着です
20160815 (168)のコピー
タキ12両のみの編成
20160815 (175)のコピー
金太郞は泉駅の中線(1と2番線の間にある)で待機中
20160815 (179)のコピー
52レ停車
20160815 (185)のコピー
2~3分で動き始め
20160815 (187)のコピー
引き上げ線に進みます。
20160815 (191)のコピー
これから3番線に入るのです
20160815 (198)のコピー
3番線に入線。
20160815 (202)のコピー
その後すぐ切り離して、DD5531は53レ単機となります
20160815 (205)のコピー
金太郞がやってきます。ステップに乗っている操車係は途中からホームを歩いて来ますので、邪魔にならないように。
20160815 (209)のコピー
連結完了。5094レとなりました。
20160815 (227)のコピー
最後尾はホームに掛かっており撮り放題です。トキが居たら最後尾はホームからはみ出すかな?
20160815 (230)のコピー
疲れた疲れた?
20160815 (234)のコピー
53レ出発。これで午前の部は終了です。
なお、午後の一般コンテナはこの日はウヤでした。
つづく

2016年8月15日 快晴・猛暑 福島臨海鉄道 本谷踏切付近
現地到着したころ私は滝汗状態であった。ちょっと急いだみたいだ。
慌てないように貨物時刻表で出発時刻を覚えておきましょう。
驚いた事に、既に何人かの同業者が有名構図など良い場所を取っていた。みなさんクルマ移動みたい。次回は私もクルマで来ようと思った。仕方が無いので有名構図は諦めて、踏切脇から撮影することに。

20160815 (133)のコピー
出発時は汽笛が聞こえました。

20160815 (136)のコピー
のどかな風景ですね。51列車はゆっくり向かって来ます。
20160815 (145)のコピー
踏切脇で格好良く
20160815 (150)のコピー
通過したらみなさん撮影終了ですが、私はまだ撮り続けます。
20160815 (155)のコピー
最後尾は何故か反射板が1個です。

同業者はあっという間に消えて静かになりました。
この日はこれ以上小名浜方面には行かず、泉駅で涼んで52列車を待ちます。

以後はすでに投稿しているように、クルマで小名浜方面に向かって撮影しています。この日は徒歩でレンタカーを利用する予定も予約もしていなかったので、かつ炎天下を歩く気力も体力もなく、眠いので楽しました(笑)

つづく

2016年8月15日 快晴・猛暑 常磐線 泉駅よりスタート

朝6:30前に到着する安中貨物は3番線に入線する。編成は最前位置まで進むので金太郞が見えるのは、入線時だけ。編成が短すぎるとホームにも掛からない。なお、3番線に入る旅客は、8:58発いわき行きだけである。
20160815 (107)のコピー
安中貨物の到着。駅ホームで撮るか、西口駐車場から撮るか迷ったが、この日は初めてということもあり、安全にホームを選んだ。なお、この時は同業者は全く居なかった。
20160815 (112)のコピー
タキ12両だけの編成でホームにぎりぎりかかった。
20160815 (113)のコピー
駅を西口から出て、駐車場から撮影。
20160815 (117)のコピー
安中貨物が到着して20分後には転線(入れ換え作業)が始まっていた。
最後まで見届ける前に玉露踏切には移動したい。
20160815 (119)のコピー
玉露踏切はすでに警報器が鳴っていた。ギリセーフ(^_^;)
金太郞は転線作業を終えて、出発位置に移動。
20160815 (121)のコピー
50レが単機でやってきた。この列車は常に単機である。以後、この列車は早めに運転していることも確認されており、機関車の撮影にはご注意下さい。
20160815 (124)のコピー
機関車DD5531がお迎えに来たよ~!
つづく

2017年11月25日 曇り 東北本線 黒田原~高久 余笹川橋

いわきから戻った私は、まっすぐ帰宅せずに前回のリベンジを果たすために余笹川橋が良く見渡せる公園にやって来ましたが、桜の木は完全に葉が落ちていて風情もへったくれもなく。おまけに天気がよくありません(^_^;)


遅れ3054レ、3055レ、3050レ、4088レを撮影しました。

その中で一風変わった塗装のコンテナを見かけました。
IMG_9784のコピー
薄いですが、紫色のコンテナって初めて見ました。噂には聞いていましたが、自分目で見る日が来ようとは。
UV53A-30004 Roadream(ロードリーム)です。30001~30005の5個はこの薄紫色です。

IMG_6520のコピー

30006~30010は白です。30006~30010の白は3053レ・3054レなどでよく見かけます。薄紫は運用になかなか入らないのでどうなっているのか、鉄仲間内で話題になっていました。東北貨物限定のコンテナです。



2017年11月25日 晴れ 福島臨海鉄道

久しぶりに、いわき市内の福島臨海鉄道に赴いた。でも前回と変わらず遅刻だ。懲りないね~私。

そんでもって、安中貨物はトキだけの残念な編成。ウヤじゃないだけマシですね。

IMG_9576のコピー
黄色く色付いた銀杏のとなりをDD5531が単機回送で泉駅にやってきました。
おや?何だかいつもより早く来たぞ。

IMG_9612のコピー
ホワイトバランスを弄って、寒く表現しました。

IMG_9616のコピー
霜が降りました。寒いです。

IMG_9625のコピー
このカーブで撮るのは初めてです。

IMG_9632のコピー
朝日でトキのサイドがギラギラ光ります。

IMG_9641のコピー
この日は、往復共にトキ編成でした。
情報では暫くトキオンリーが続いているようです。いつからタキが再開するかは分かりません。

また、この日はおかしいことに、復路の便がいつもより10~15分早く走ったため撮影出来ませんでした。まさか臨海鉄道でダイヤ通り走らないことがあるなんて。やられたな(笑)。

なので、11時前にはいわきを後にしました。
次回はいつ来られるか分かりません。
常磐道などが凍結・積雪になればマイカーではとても行けないです。

2017年9月16日 曇り 福島臨海鉄道
午後は、コンテナ貨物を狙います。51レ・52レで撮らなかった場所に赴きます。次回はそこで(笑)。

IMG_7393のコピー
こんな風景で撮れたら最高ですが、立ち位置がありません。これは県道の西側の歩道から、車が居ない時を狙って撮ったものです。一か八かは出来ますが、ドライバー超迷惑かもね。

IMG_7404のコピー
なので、違う道から下って54レを狙います。丁度稲刈り真っ最中だったので、稲刈り機が入るとベストでしたが入りませんでした。残念!

IMG_7391のコピー
再び県道の歩道に戻ります。昔の記憶をお持ちのかた~ここどこか分かりますか?
悲しいことですが、沿線は宅地造成が急ピッチで進んでいます。昔のような風光明媚な撮影場所は限られてきました。きっと今日51レ、54レの場所が田園が残っている唯一の場所かと。

IMG_7415のコピー
55レが来ました。奥でカーブしているため、汽笛が聞こえなかったらいきなり出てきます。

IMG_7420のコピー
意外と快走します。

IMG_7426のコピー
トリミング加工していますが、何とか田園風景を往く55レが撮影出来ました。

編成中に気になるタンクコンテナが載っていたので、一路小名浜駅を目指します。
あ~まだ帰れないや(笑)。


IMG_7430のコピー
小名浜駅近くの踏切でかかりました。
先ほどの55レが小名浜駅に到着後、コンテナホームへ推進させるために機関車の付け替えと、ここまでの引き上げがあります。なので慌てることはありません。
IMG_7431のコピー
7月はこの踏切でタキ構内貨物を撮りましたね。

IMG_7438のコピー
小名浜貨物駅の海側には市道が走っていて、コンテナ撮り放題です。この市道の入口は一見分かりにくい場所にあるので、事前にグーグルマップで調べておきましょう。

IMG_7440のコピー
銀枠の濃硝酸タンクコンテナがトップリフターで吊り上げられました。

IMG_7442のコピー
その模様を眺めるのも結構楽しいですよ。

IMG_7444のコピー
シャーシートラックに載せられました。これからN社に運搬されます。
IMG_7434のコピー
気になるタンクコンテナは、銀枠の濃硝酸を積んだこれ。UT13C-8063、8064が来ていた。以前、8065・8066も見たことがあります。これは遠く、福岡県の黒崎駅の三菱化学から~越谷経由で運搬されています。

見るもの見たので帰宅します。
来月も行きたいですが、時間はあるかな?

*************************************

本日は同業者に全く会いませんでした。

2017年9月16日 晴れ 常磐線 泉~植田

下調べしたものの、結局5094レは定番の場所で。
IMG_7381のコピー
ここ撮りやすいですね。
IMG_7383のコピー
撮影後、また下調べの続きです。

2017年9月16日 晴れ 福島臨海鉄道
今回も初めての撮影場所に挑みます。
有名なカーブの場所は1~2回行ったので、しばらくは行きません。

IMG_7277のコピー
良いSカーブのある国道6号線の歩道から撮影~51レ
見渡せるってイイネ

IMG_7281のコピー
架線が入りますが仕方がありません。稲穂が黄金色に実っています。
ほうぼうで稲刈りが始まっています。次回来たらもう稲が無いだろうな。

IMG_7285のコピー
朝日を浴びて、一路小名浜駅を目指し快走します。

IMG_7306のコピー
宮下踏切にて~構内貨物です。見張り員が立ちます。この先、警報器や遮断器の無い踏切がありますから、徐行運転です。

IMG_7309のコピー
このタキ編成の光景好きです。

IMG_7311のコピー
T社の工場へ向かいます。

この後は時間があるので、小名浜貨物駅を見学したり、休憩したり。

IMG_7344のコピー
時間が来ると、T社工場から今日の発送が出てきます。10分遅れでした。

IMG_7349のコピー
一旦小名浜駅に運ばれます。トキ6両+タキ12両でした。

続いて52レを撮るために見晴らしの良い場所へ。

IMG_7355のコピー
52レが来ました。

IMG_7359のコピー
カーブします

IMG_7362のコピー
タキやトキの真上が眺められます

これにて52レの撮影は終わりです。
このまま泉駅で52レ~5094レの編成入れ換えを見る事も出来ます。
今回はパスして、5094レの撮影地下調べをしました。


↑このページのトップヘ