私専用線路はどこまでも

こんにちは~須賀川より貨物列車を中心に情報発信する「たいまつトレイン」と言います。拙い写真や文章ですが、よろしくお願いいたします。 私のストライクゾーンは専用鉄道、臨海鉄道、引き込み線、駅設備とそれらの廃線跡です。専用貨物や車扱い貨物、タキ、シキ、タンクコンテナなどマイナーで特殊なものほど写欲が湧きます。ブログの更新はのんびりやっていきます。一気に更新したりも。 2019年3月 引越により須賀川市を離れる

2017年07月

2017年7月16日 晴れ 信越本線 安中駅

安中貨物が到着してしばらくしたら、雨が上がった。雨上がりの安中駅~涼しい。

20170716安中 (185)のコピー
タキがいっぱい見える様に撮ってみました

20170716安中 (209)のコピー
工場の中に入れるタキは通常2両ずつ。この絵は出して来た時の様子。

20170716安中 (214)のコピー
工場の中から出して来るときは6両一度に。これはすごい。
20170716安中 (217)のコピー
6両もあると見応えあります
20170716安中 (195)のコピー
左側の編成が当日到着した分。右の4両は工場から出てきた分です。
先ほどの6両がこの間に留置されます。
20170716安中 (228)のコピー
次の2両を工場に持っていきます
20170716安中 (231)のコピー
10両のタキ留置

20170716安中 (235)のコピー
全てのタキを工場に入れ終わると、トキを6両全部牽きました
20170716安中 (239)のコピー
右側のタキは私が安中に来たときには留置されていました。今日出発の編成です。

20170716安中 (245)のコピー
今日到着のトキを施設に突っ込みます。
20170716安中 (247)のコピー
続いて、今日出発のトキと、今日出発するタキを12両も連結して引き上げ線いっぱい利用して、金太郞のいる線路に入れ換えます。これは圧巻。スイッチャーもヒイヒイ言っているようです。
20170716安中 (263)のコピー
一体何両までいけるのか。
20170716安中 (262)のコピー
入れ換え完了です

20170716安中 (272)のコピー
駅横の施設にトキを入れます

ここまで見て18:30の高崎行きに乗れました。


2017年7月16日 夕立 信越本線(今でも?) 安中駅
この日は朝から浜川崎まで行ってコンテナ眺めていました。その模様はお伝えしにくいので、本ブログに投稿するかは未定。その帰りに大宮駅で安中貨物を撮りました。金太が1号機で塗装されたばかりなので注目を浴びているので、ギャラリーが多そうだと聞いていました。なので、11番線北端を避けて、1人南端から狙います。案の定同業者はほとんど居ません。

20170716大宮 (153)のコピー
普段ならこれ撮ったらさっさと帰路に発ちますが・・・。
20170716安中 (266)のコピー
16:06発の新幹線ときに乗車して、高崎16:31、横川行きが16:43発なので、安中16:55着で間に合います。安中貨物の安中着は17:07ですから。往復で¥7,000投資する価値があると思っているのは私だけ(^_^;)

電車が高崎駅を出て、沿線を眺めているとあちらこちらに撮影者が待ち構えています。ご苦労さんです。しか~し、群馬八幡を過ぎたあたりから突然大雨が!夕立のようです。ゲリラじゃなくて良かった。

安中に到着してすぐにホーム屋根に!中学生くらいの同業者と3人で雨を凌ぎますが、夕立の雨の勢いは増すばかり。横川方面は明るいのでいずれ止むとは思っていました。

20170716安中 (171)のコピー
安中駅構内1
どういうわけか昨日着らしいタキが6輌残っています。内2輌はスイッチャーに繋がれて待機中。
20170716安中 (168)のコピー
タキ1000-2、タキ100-15
20170716安中 (169)のコピー
タキ1000-1、タキ1000-20
雨に打たれ濡れているタキもなかなか
20170716安中 (174)のコピー
そんな中、安中貨物が安中駅に定時で到着。また会ったね(笑)。

つづく

2017年7月16日 東北本線 新白河駅の6番線の様子

やっと10月新ダイヤの内容が発表されました。
同一ホームでの乗換は楽ですが、乗り換えるという手間は1回増えてしまいます。その辺りのデメリットは何も公開しませんね(意外とせこい)。メリットばかり(新幹線乗換ダイヤ改善や座席数増ばかり)発表して、臭いものには蓋をしている。そんな感じにさせられる。ま、私は東京方面への長距離の場合は新白河から新幹線を利用しているので構わないが、ずっと普通列車利用の人達は怒るよ。

せっかくの交直流電車が新白河以北に乗り入れしないない(白河までは運転あると思うが)。車両編成数の問題で新白河以北の乗り入れが困難なのは分かるが、将来的にはせめて黒磯折り返しを何とかして欲しいものだ。ますます東京が遠く感じられる人もいるだろう。やはり新白河~黒磯が極端にローカルなのが原因か?

20170716新白河 (1)のコピー
頑丈な車止めが出来ています

20170716新白河 (5)のコピー
これなら安心?8月末以降、郡山方面の停車位置が手前に戻るのはこういうことね。

20170716新白河 (7)のコピー
2m×2m×2mはあるなあ
20170716新白河 (8)のコピー
もし、現在のダイヤみたいに朝夕にある白河折り返しがなくなれば、5番と7番ホームに停車する電車はなくなるので、ここに降り立つことがなくなるだろうな。あっても直通列車が出来るまでは・・・。
20170716新白河5番 (286)のコピー
ますます、新白河~黒磯を不便にして(黒磯乗換を余儀なくさせて)、お急ぎの方は新幹線に乗ってよ~っていうことね。



2017年7月8日 快晴 常磐線 泉~植田
奥のトンネルを上って、それから下って来る時のタキとトキの連なりがかっこいい。
20170708 (164)のコピー
20170708 (166)のコピー
20170708 (172)のコピー
20170708 (184)のコピー
特にコメントは要らないですね。

この辺りにはいろいろな角度で撮影出来る場所があるので、来る度に変えてみようかと。

2017年7月8日 快晴 福島県いわき市 常磐線 泉駅、福島臨海鉄道沿線
自宅を5時すぎに出たのだが、安中貨物到着にはぎりぎり間に合わなかった。次回はもっと早く出るべきか。
20170708 (1)のコピー
泉駅に到着した安中貨物。最後尾のタキは空荷で検査回送のようです。

20170708 (40)のコピー
到着後、一旦いわき側に引き上げて、となりの側線に入れ換えます。

20170708 (47)のコピー
入れ換え完了後、金太郞が逃げたら福島臨海鉄道の50レとなる単機がやってきます。

20170708 (62)のコピー
いつもの有名どころはパスして、以前のロケハンで見つけた場所で51レを迎えます。朝日も良く当たり、なかなか良い場所だと思いますが、周辺はますます宅地化が進み、住宅をかわさずには撮影困難になっています。

20170708 (63)のコピー
これも時代の流れなのか、そもそも宅地化が進んでいるからクルマで沿線まで容易に近づけるわけですが。

20170708 (72)のコピー
51レが小名浜まで行ったら、機回し後T社の工場に向けて進みます。構内貨物で遮断器無しの踏切もあることから、デッキには安全見張り員が2人も立っています。

20170708 (77)のコピー
逆光になるので眩しいです

20170708 (81)のコピー
カーブの先に遮断器無しの大きな踏切があり、その先がT社の工場があります


20170708 (97)のコピー
T社から小名浜駅までの構内貨物です。

20170708 (107)のコピー
小名浜駅に到着したら機回しが行われ、52レとなります。

20170708 (117)のコピー
小名浜から出水に向かって52レがやってきました。本線の踏切は警報器があるところ、ないところがあり、定期的に汽笛を鳴らしながら走ります。なので本線で撮影する側も汽笛が聞こえたらカメラを構えて間に合います。

20170708 (122)のコピー
専用線内では反射板が1つです。もう1枚は反対側?

20170708 (127)のコピー
泉駅に到着したら、引き上げ線に入ってJRの3番線ホームに入れ換えられます。その後機関車を交替して、安中貨物の出発を待ちます。

この後は、南に向かって安中貨物を撮ります。

2017年7月2日 新白河駅
電車の中から、6番線路の途中に線路の下を掘ってあった場所のその後
20170702新白河 (4)のコピー
基礎工事かな。レールを撤去できない理由があるようですね。信号機問題かな?

また南下した際に、変化があったらお知らせ致します。

2017年7月2日 曇り 東北本線 黒磯駅
数日前にシキの宇都宮貨物ターミナルへの返却運用があることを知った。それも日曜日なので、こんな千載一遇のチャンスを逃すわけにはいかない。次はもういつになるか分からないから。それほど珍しい貨車なのである。

20170702 (50)のコピー
EH500-59がシキ1001-1002-1000の3輌をゆっくり牽いて来ました。
20170702 (91)のコピー
黒磯到着です
20170702 (90)のコピー
端部の車体幅は狭くなっていますね。重量を減らすのが目的でしょうか。
20170702 (53)のコピー
変圧器以外の荷って、戦車とか?
20170702 (129)のコピー
1輌をまるまるサイドビューは駅撮りでは出来ないので斜め撮影がいっぱいです。
ではシキさんを左側から順にお見せします。きっとこんな撮り方している人ってあまり見かけませんよね?(^_^;)

20170702 (132)のコピー
道具箱かな?レバーブロックやハンマー、ベストスリング、フック、シャックルなどが入っていそうだ。
20170702 (59)のコピー
普段は宇都宮貨物ターミナルに留置されています。上り電車からチラッと見えます。
20170702 (60)のコピー
シキ1000と1001・1002とでは微妙に数値が違います。裏返したら同じになるのかな?
20170702 (111)のコピー
ね!0.2トン違うでしょ?D1の場合かな?

20170702 (83)のコピー
重心は大事ですね。低ければ安定しますが~。

20170702 (124)のコピー
B側?

20170702 (61)のコピー
荷台はシキ1000D1と呼ぶようだ

20170702 (113)のコピー
荷の載せ方や下ろし方はいろいろ考えられているでしょうね。ジャッキ受けってクルマのタイヤ交換の時に、受け位置が決まっているように、シキも決まっています。
20170702 (125)のコピー
A側?

20170702 (88)のコピー
こんなに巨大なのに、突放できるんかいな?(^_^)
20170702 (106)のコピー
裏返したらどうなっているのかな?
20170702 (107)のコピー
荷札の内容

20170702 (85)のコピー
機関車の次位にヨ8000+シキ+ヨ8000?

20170702 (98)のコピー
ジャーナルジャッキを4個装備?

20170702 (141)のコピー
ある程度撮ったら、出発シーンが見渡せる場所に移動です。
20170702 (149)のコピー
黒磯を南に通り抜ける列車は、一番東側の線路を上るのですね。
20170702 (167)のコピー
また会う日まで~!

これにて撤収しました。今日は良いものが撮れました。



2017年6月18日 
まさかこんなに早く特大貨物輸送の日がやって来るとは!しかし、運用は平日ど真ん中だったので休めない私は、意を決して運用前の様子を見に行った。一応この数日前にシキが回送されていることは知っていたので、もう荷を積んでいるのでは?というチャンスに賭けて行ってみた。

今回はクルマ移動だったので時間もあり、前来た時の記憶を頼りに、もっと広範囲に撮れる場所を探してみました。すると~
20170618 (7)のコピー
前回来てから3ヶ月経って、草もぼうぼうになり、より専用線らしくなってきましたね。
20170618 (8)のコピー
レールは確かに走った跡があります。それにしても走る前は一度除草作業したんだろうな。すごい植生っぷり。今回の運用が終わって何も手入れしなかったら、ジャングルになるのは必至だなこりゃ(^_^;)。
20170618 (4)のコピー
すでに積載を終えたシキが見えました。初めてお見かけするスイッチャーですね。

20170618 (17)のコピー
シキを間近で見るのは初めてです。それも荷を載せているのも初めて見ました。
20170618 (18)のコピー
こんな超重量級を突放できるのかな?(^_^;)
20170618 (24)のコピー
3輌とも積載完了していますね。どうやって積んだんだろうね。
20170618 (15)のコピー
草ぼうぼうで足回りはよく見えませんね。
20170618 (22)のコピー
シキの走行時ジョイント音が面白いと聞いたことがあります。聴いてみたいな~。
20170618 (19)のコピー
荷の固定は、あの白いスリングベルトだけなのかな?

これらを見て満足して撤収しました。本運用は見られなかったものの、後日シキ回送が見られるチャンスを知りました。


福島駅に行くときに、車窓から見える風景でいつも気になっていたものがあった。

去る3月にそれを確かめに行った。もちろん事前にグーグルマップなど検索はして行ったが。

結果から言うと、その気になっていたものとは全く違う線路がそこにはあったのだ。
まあ、コアな鉄ちゃんからするとお馴染みのK電機の専用線(引き込み線?)であるのだ。
20170312 (32)のコピー
松川駅の駅舎は近代的な建物に造り替えられています。駅舎のすぐ横にはコンビニがあり、駅よりも賑わっています。
20170312 (24)のコピー
松川駅の駅名標
20170312 (26)のコピー
郡山側を望む。どこにである2面3線を有する駅だが、左に2本錆びた線路があります。
20170312 (27)のコピー
福島側を望む。右の2本の錆びた線路の内、右から2番目は早々に木まくらぎの車止めがあります。駅舎側のホーム跡っぽいのは、赤字で廃止された国鉄川俣線のものだと言われています。

20170312 (30)のコピー
右端の1本の線路が問題の線路です

20170416 (61)のコピー
5本の線路がまっすぐ北に並走しています。右奥の白い建物はK電機。
20170416 (62)のコピー
くねっとした分岐からさらに奥の方へ延びています
20170416 (63)のコピー
右へカーブしているあの奥が気になります。

駅から歩くこと10分あまり。人気の無いその場所に辿り着けました。そこには
20170312 (45)のコピー
この世とは隔絶されたような異様な光景がありました。
20170312 (46)のコピー
時が止まったような錯覚を覚える車止めと左にカーブする線路がありました。
20170312 (48)のコピー
寂しい転轍機がありました
20170312 (53)のコピー
左はおそらくK電機の工場へ続いていると推測(見えません)。右の緩やかに下る線路が松川駅に繋がっているのです。これ以上は線路を追えません。柵もあるし、私有地もあるので遠くから眺めるしかありません。

20170312 (51)のコピー
この道路の部分は元川俣線だったらしい。右の柵の中にK電機の専用線が横たわっています。

この時は、次いつ特大輸送があるのか分かりませんでした。

***********************************
20170618 (23)のコピー
車窓から見える気になっていたのは謎の架線と架線柱でした。あの専用線は非電化でしたから、K電機関連の施設設備かと思っていましたが、地元の方が仰るには「川俣線が廃止された後、国鉄がその線路上に架線を設置して何かの実験・試験をしていた」とのこと。川俣線は1972年廃止なので・・・。

↑このページのトップヘ